ヘルシンキ〜ストックホルム一泊二日豪華客船旅【旅の回想】

前回のヘルシンキから、船でストックホルムへ移動の船旅。ヘルシンキを夕方出て翌朝ストックホルム着。夕方ストックホルムを出て翌朝ヘルシンキ着の、ストックホルム日帰りツアー。しかも見ての通りの豪華客船ときた!けど、決してお高くないのです。ホテル1泊分。まさに移動するホテル。

いよいよ中身の濃い旅の始まり。

まさか、こんなに大きいとは思わず、圧倒されまくりのシリアライン。

 

さて改札のようなゲートを通って、いよいよ乗船。国境をまたぐけれど、シュンゲン協定によって出入国手続きは不要。ヨーロッパは行き来しやすい。

 

先ほどの改札ゲートのあった建物を船から眺めてます。

 

乗船してすぐ、粋なミュージックでお出迎え。楽しいことが起こりそうな予感を一気に掻き立ててくれる。

 

おみやげ屋さんなどのお店が並ぶ、乗船フロア。

 

バーラウンジももちろん完備。

 

果てしなく続く?客室。

私の部屋は一番安い部屋で窓もナイ部屋のはずが、窓があってさらにテンションが上がった。

 

広大に広がる海を見渡すと、オシャレな家?別荘?が立ち並ぶ。

 

食事はバイキング。(写真を撮り忘れてしまうという失態)

ワインやビールもセルフで。

 

夜中の2時頃まで、ステージではショーやライブが。

 

カジノもあります。ブラックジャックやバカラは撮影できないので、せめてものマシーン撮影。

 

 

ときには、風にあたりにデッキへ。

 

至れり尽くせりの客船の旅は、時間がどれだけあっても足りないくらい、充実していた。日常生活からかけ離れた世界。疲れたら部屋に戻れば休めるし、いつでも自分のペースでいられるのが、何のストレスもなく過ごせる良いところ。そして朝には次なる目的地に到着してくれる、素晴らしい時間の使い方。

 



オンライン航空券予約業界を変えています!【Skypicker】

にほんブログ村 旅行ブログ 海外ぶらり旅へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です