ビールが飲めるようになったのは「箕面ビール」に出会ったから。

アルコールデビューしたのは、ちょっと遅めの22才の頃。それまでは自分は下戸だと思い込んでいた(いやホンマに)。ちょうどその頃、知り合ったコが良く飲むコで、気が付いたときには酒豪と言われるほどに。でもその頃は、もっぱら日本酒。あとは焼酎くらいで、ビールだけは受けつけなかった。

ところがである。

30を過ぎた頃、知り合った人たちがビールばっかり飲む人たちで飲みに行くと「とりあえずビール」で始まる。そんな時に(一応女子だし…)「日本酒で」なんて言えない…。それがビールを飲み始めたキッカケ。
飲めるようになったものの、美味しいとは思えなかった。

そんな日々を過ごしていたある日、ビールのタップがズラッと10本ほど並んでる店の前を通りかかる。「ん?なんであんなにタップ(その頃はこんな名称は知らんかったけど)が並んでるの?オブジェ?」とか、今思えば恥ずかしいコトを思っていた。

気になるから入ってみる。すると、全部違うビールが繋がってると言うではありませんか!しかも知らんビールばっかり!当時、キリンとかアサヒとかしか知らない私は、驚き通し。

で、いちばん飲みやすいとのコトで『ヴァイツェン』をいただく。

ウマ〜〜〜イ!ナニコレ!!

現在も変わらずいちばん好きな、箕面ビールの「ヴァイツェン」

あの時の衝撃は今でも覚えている。そこから私のクラフトビール人生は始まった。そのビールこそが箕面ビール。そしてそのお店はBEER BELLY 土佐堀店。箕面ビールの直営店で、それからというものよく通っていた。現在は当時の場所から2軒ほど隣に移転してるけど、今やソコはブリューパブになっているのです!そう、店舗内でビールを醸造しているのです!コレがまたウマイ!

ビールが、こんなにたくさんあります〜。ココへ行けばココで造ったビールを飲むべし。

 

BEER BELLY土佐堀店

大阪市西区土佐堀1-1-31 筑前橋bld.1階
06-6441-0717

 

すっかりクラフトビールの虜になってしまった私はその何年か後、バーを始めててしまった…。

 

定番ビールからジェラートまで!?

箕面ビール勢ぞろい!

専用のグラスにはおさるさんのイラスト。箕面はサルが有名ですから。

 

スタウトのジェラート!?

箕面ビールと梅の宿のコラボビール!

たいがい箕面ビール好きな私でも知りませんでした…。ジェラートがあるとは。スタウトというビールは黒ビールで、コーヒーのようなチョコレートのような味わい。それをジェラートにするとは、さすがです。食べてみたい…。

日本酒蔵の梅の宿とのコラボビールは、箕面ビールのペールエールをベースに梅の宿のあらごし梅酒の果肉を加えたというオモシロイビールです!

にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です