なにわ伝統野菜の「玉造黒門越瓜」を餃子とデザートにして食してみた

自分の店でのイベントが土曜・日曜と2つ重なり、その料理を餃子にすることにした。その数、400個!

ほんの一部の餃子たち

そのうち一つのイベントは大阪のなにわ伝統野菜の「玉造黒門越瓜」を使って料理をするというイベントなので、それ用に半分は瓜を使って、もう一つのイベント用に半分はオーソドックスな白菜で作りました。

餃子の皮400枚、豚ひき肉白菜半玉、瓜5本、ニンニク2玉、生姜(ニンニクと同量位)など。ひたすら包む包む。

 

これは「玉造黒門越瓜」を雷干しという干し方で干すために、全部繋がった切り方になっている。

 

瓜の変わった使い方?

チーズケーキ

スイカ風?

チーズケーキは1本の半分を瓜ジャムにして、半分は擦ってクリームチーズに混ぜ込みました。なかなかの好評!

 


スイカ風味は、ウォーターメロン・シロップに漬けました。ちょっと甘かったけど、こちらは子供たちに大好評!

 

 

みなさんの持ち寄り。全てに「瓜」が入っている!

 

なんとかどちらもやり終えて、一気に疲れが出たのでした…。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です