やっぱり楽しいパン作り。使い勝手の良い道具をご紹介します。

私は時々パンを焼く。もちろん自分も食べるけど、店のメニューとしても使っている。

ちなみに今日作ったパンはコレ。ライ麦が入ったコッペパン枝豆パン。ふんわりと焼き上がって満足。味の方も満足。枝豆は中にも入っているけど、外側にもたくさん散りばめたかったので押し込んでみた。だいぶ押し込んだつもりだったけど、膨らんで取れてしまいそうな状態に。でも、かろうじて取れずに頑張ってくっ付いてくれてます。

 

 

 

 

欠かせない道具たち

そもそもパンを作るきっかけになったのは、写真と同じsirocaのホームベーカリーを買ってもらったから。それまでもこねこねして作ったことはあったけど、やはり回数を重ねていないからなかなか上手くいかない…..。その状況を見かねて(?)か、いただいたのです。それはそれは嬉しかった。

初めのうちは、材料を入れてスイッチを押すだけでパンが出来上がる「食パン」ばかりを作っていて、その美味しさに感動のしっぱなし。

だんだんと食パンばかりでは物足りなくなってきて、パン生地を作るまでをホームベーカリーに任せて、後はカタチを変えてみたり、味を付けてみたりとオリジナルをいろいろと作りました。どれもホントに美味しい!

 

そして、とても重宝している粉ふるい。パン生地ってベタベタして手にくっつきやすい。それを防ぐためにササッとふりかけることができる優れもの。袋から直接出したり、スプーンですくってかければいいと思ってしまうけど、ドバッと出てしまったりして却って手間がかかってしまうのです。

意外にも、一度使ってみるともう手放せない必須アイテムとなりました。

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です