KINTOのビアグラスは「うすはり」のように緊張せずに飲むことができる!

ビールを飲む時に欠かせないグラス。若者のようにボトルビールに直接口をつけて飲むスタイルよりも、ちゃんとグラスに注ぎます。その方が美味しいし。

そんな私が一番テンションが上がるグラスは、うすはりビアグラス。あの薄さがたまりません。なんだか美味しくも感じる。でも、ちょっとの衝撃で割れてしまうのが玉にきずなところ。その儚さがいいのかもしれないけれど。

 

 

ちょうどいい感じのグラス発見!

うすはりビアグラスでビールをいただくと、とてもサイコーなのだけど、どこか緊張しながら飲んでいるので、なんだか落ち着きません。

と、思っていたらいい感じのグラスをみつけました。一見プラカップのような出で立ちの、KINTOのビアグラスは、そこそこうすはり感があるのに、あまり緊張せずにビールが楽しめるのです。といっても慎重にはなりますが。

このグラスで出してあげると「あれ?プラカップじゃないんや」って必ず言われ、驚かれます。

 

やっぱりビールは、ちゃんと泡立ててグラスに注いで飲むのが絶対美味しい!できれば、ちゃんとしたグラスでね。

KINTOのビアグラス

うすはりビアグラス

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です